相続財産トラストの方法

    1. 会社法上の合同会社を設立し、その会社に対象財産を移転する方法でおこないます

      相続対策として広くおこなわれている財産保有株式会社を設立する方法と全く同じです。
      しかし、「合同会社所有の財産が相続税の対象にならない」というメリットが加わります。

    2. NPO法人などの公益法人と提携します

      提携先は、例えば、以下のいずれでも差し支えありません。
      すなわち、
      ・自ら設立または支配するNPO法人。
      ・自ら応援するNPO法人。
      ・当社の代表者が理事を務めるNPO法人。
      (提携先は、将来、自由に変更できる仕組みになっています。)

    3. 公益法人側と相続人側がそれぞれ一般社団法人を設立し、それら一般社団法人が合弁で合同会社を設立します